読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青森~函館一人旅の巻② 北海道新幹線に乗りました

6月29日、休みを利用して青森経由で函館に行ってきました!
リゾートしらかみ新青森へ!
新青森からは北海道新幹線で函館を目指します!

北海道新幹線スペシャルサイト


最初に言っておきます、新幹線の写真ないです。




北海道新幹線は去年の夏の遠征時
地元の空港で2016年春開通!という映像が流れているのを見て*1
乗りたいな~と思っていたのです。
車体自体は東北新幹線を北海道まで伸ばしただけなので東北でも乗れるんですけどね、、、


北海道にもひさしぶりに行きたかったし!(^o^)
ほんとは札幌の方にも足を運びたかったけど
想像以上にでっかいどーだったので今回はあきらめました、、、



新青森駅は新幹線を停めるためだけに作られた駅なので狭い

新幹線への乗り換えに合わせてダイヤが組まれている


ということはわかっていたのですが
乗り換え時間が10分ない上にしらかみから新青森で降りる人が多くて・・・間に合うのか?
と心配していたので、そこそこ急いで乗り継ぎ成功。
ホームでは5分くらい余裕あったかな。新幹線も新青森で降りる人がすごくたくさんいてビックリ!
乗車率は秋田新幹線こまちより高そう、、、



いよいよはやぶさで函館へ!(^o^)


のぞみに乗ったときも思ったけど、はやぶさは広い!!
地元を走っている秋田新幹線こまちは2列×2列の在来線サイズのミニ新幹線なので
よその新幹線に乗ると広いなぁ~と思います。


こまちとくっついて走っているはやてとの違いがわからなかったのですが、はやぶさの方が速いのね。ふむ。
はやぶさにはグランクラス席があって料金もちょっとだけ高いらしい。



人生初青函トンネルを通って津軽海峡を渡ります!
青函トンネルに入る前にアナウンスをしてくれていたので
突入する瞬間撮りたかったけどアッと言う間過ぎて逃しました・・・(^o^)
撮り鉄用の展望台があって、青函トンネルに出入りする新幹線を撮るためカメラを構えている人が見えました!



f:id:guildictator:20160708021635j:plain:w480

当たり前ですがトンネル内は電波もなく何も見えません。
でも思ったよりライトが明るかったなー。

青函トンネル窓あれよー!
というラーメンズのネタを思い出しました。


海の中を100メートルも潜ったところにあるトンネルとのことで、
水圧で耳がキーンとなって深海を走っているのだなと実感。



海峡といえばわたし福岡県北九州市と、山口県下関市
関門海峡を歩いて渡ったことがあります(^o^)
本州最南端と最北端の海峡制覇だ~(^o^)




f:id:guildictator:20160708021717j:plain:w480

トンネルを抜け、北海道突入!
山の感じが北海道だな~!


むかし札幌に遊びに行ったときに見た、新千歳から札幌に向かう景色を思い出しました!
本州の山よりダイナミックよね。
緑の色もちがうと思う。時期もあるんだろうけど本州より鮮やかな感じ。


途中函館山が見えます!とアナウンスがありましたが
函館山のかたちと方角を認識していなかったのと、山が多すぎてわからず・・・勿体無い!!(^o^)



1時間ちょっとで新函館北斗駅到着。早い!
新青森からだと本当にあっという間でした。
新函館北斗新青森同様新幹線を停めるためだけに作られた駅なのでせまめな感じ。

ホームに出ると、やっぱり空気がおいしくて、思ってたよりさむくない!
この時期の北海道って最高でしょ、というのも今回の旅の決め手だったけど大当たりだなー!



f:id:guildictator:20160708021816j:plain:h480

f:id:guildictator:20160708021854j:plain:h480

はこだてライナーに乗り換えて函館市を目指します!
新函館北斗駅は、北斗市というところにある駅なのよ◎



はこだてライナーの座席はミントグリーンとオレンジを基調としていてかわいい(^o^)
バリアフリーで段差がなくドアが大きいです!
そして開閉ボタンが付いています。
冬場の乗り降り時に車内のあたたかい空気を逃さないための策だよ、、、
そしてこちらも内装の写真はないです・・・



20分ほど揺られて函館駅へ到着!
限られた時間でめいっぱい函館市内を探索します!つづく!

*1:駅じゃなくて空港で見たのが印象的に残ってる