読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近読んだ本

こないだ借りたやつ~
今回も返却期限内に余裕持って全部読めた!うれしい!



手放してみるゆだねてみる

手放してみるゆだねてみる

タイトルに惹かれて。
夜回り先生とお坊さんのお手紙のやりとりと対談の本。
宗教の話が多くてわたしにはちょっとむずかしくて読むの時間かかっちゃった

なんかでも言ってたけど教会とかお寺とかかみさまの聖域では人はリストカット出来ない、
だから心を病んでる人はそういうところに行ってみるのも良い、ってわかる気がする、、、駆け込み寺とか言うしね

なんだか耳の痛い内容の本だったなー。
自分はこんな人間じゃないと特別視している、ってわたしだ!と思ったよ、、、
納得いかない過去や現状を受け入れて気持ちに折り合いをつける、
ってわたしがやんなきゃいけないことだ。うーん。



いのちをむすぶ

いのちをむすぶ

今年出た新しいやつ。
初女さんが亡くなってから出版された本だから本人の言葉じゃないのかなあって思ったけど体が思うように動かなくなってきた、みたいなこと書いてるから本人が最後まで書いてたのかしら。初女さんの本は何冊か読んだけど言ってることはきほんどの本もおんなじでこれはかなり読みやすいと思う
わたしが1冊すすめるとしたらこれかな

悩んでいる人も
本当はどうすればいいかわかっています。
私は、本人が気付くのを見守るだけ。
自分で納得して答えが出せた人は
すぐに行動に移ります。
まわりが驚くほどに
あっさりと変わっていきますよ。

この考え方すごく好き。
信頼して見守ってくれる人っていいよね。



だいじょうぶ

だいじょうぶ

もう1冊。夜回り先生とお医者さんが書いた本。
手放してみるゆだねてみると同じシリーズだけどこっちはスルッと読めた!
鎌田先生の秋田での講演会とか水谷先生の博多での夜回りとか、
住んでるところや行ったことがあるところの話や、
若者の雇用とか興味のある話が多かった!


中学不登校で部屋の窓に目張りして何年もずっと引きこもってリスカばっかりしてて
死のうとしてたおんなのこが社会に出て*1職場で感謝されて自信ついて結婚した話は希望を与えるなあ、、、



3冊ともつらいときこそ人に優しくすれば感謝されて気付くことがある、って内容だなあ
自分がそうだからよくわかるけど病んでるときって自分のことしか考えられなくなってるのはホントだよね。
どれも今のわたしに必要な本だったと思う!

*1:夜回り先生が仕事紹介したらしい

広告を非表示にする