わたしの半分と、もう半分②

自分の人生の記録として


1月14日
母方の祖父が亡くなったとの知らせが。

先月父方の祖母が急死して、
前の週に父方の祖父と父と不仲だった弟が都会から帰ってきて家族と和解したばかりだったので
弟へ連絡するかどうか躊躇ったんですが、、、

母親が連絡を入れると、弟はすぐにまた帰れるか確認してくれているようでした。


母親は「また息子に会える」「4人でじいちゃんの葬式に行ける」と泣いていました。
前の週に地元の駅で今度はいつ会えるんだろうって泣いてたからね(苦笑)
去年の夏、横浜駅で弟と別れたときのわたしと同じ(苦笑)

祖母の葬式ときの、弟が帰ってこない寂しさ悲しさ怒り違和感はすごかったからな、、、
本気でわたしの家族はダメになったと思ってたから、
帰ってこようとしてくれる気持ちだけでも心強かった。



1月15日
弟がまだ来れるかわからないうちから
母親は弟の布団や着替えを用意して食べ物や飲み物を買いに行き、
父親は家の前の除雪をしていました。

新幹線に乗った、という連絡を受けて、
弟を迎えにわたしは秋田駅へ!
19時過ぎ到着なのに待ち切れなくて16時半から駅前に居た(苦笑)

弟に会えるよろこびでわかりやすく舞い上がる家族


この日は日曜だったのですが、弟は職場が定休日で誰も居なくて上の人と連絡が取れず、
忌引きの許可が降りる前にもう新幹線に乗ってしまったとのこと;;
連絡取れた職場の方が月曜朝一で連絡すると良いよ!って言ってくれたらしくその方に感謝;;

家族全員見切り発車かよ


ちなみに弟は新しい職場で葬式の日が初出勤だったらしい(苦笑)
弟は入学当初にインフルなったり
地元で働いてたところも初日から入院してたし出だしが遅れる運命なのか(苦笑)



新幹線の改札出て「ひさしぶり」って言われてすごい笑った
こんなに早く帰って来るって誰も思わなかったよね。


無駄に時間あったので弟の分の地元駅までのきっぷ*1
めちゃくちゃ寒かったので
仙台で買ったスタバカードにチャージしてたお金で
あたたかい飲み物を買って待っていたのですが

こーいう気遣いって秋田の人にしてもらったことなくて全く知らなかったから
自然に出来るようになったことに驚いてるし、やっぱり感謝してる。


弟は喜んでくれました。
新幹線乗るとき飲み物買うの忘れちゃって
居眠りしてたら車内販売も逃しちゃってずっと喉カラカラで来たらしい(苦笑)


弟が前の週に来た時は全く雪が無くて、
厚着してきたのに拍子抜けした~なんて話していたのですが
今回はあまりの雪の多さに

「先週来たところだよね!?」
「生まれてからずっとこんなところで生活してたのか!」

と驚いていました・・・わたしも雪の降らないところに引っ越したい
雪の降るところで一人暮らしなんて絶対ムリだ


母親は弟は今年は秋田の雪を経験せずに冬を越すのか~と思ってたところだったよ(笑)と謎にうれしそうでした。



駅からまっすぐ家に帰って、弟とふたりで母親の作ったごはんを食べました。
食卓には弟の好物が並んでいました。

いやあ、ひさしぶりに家で高価なもの食べたわ。
弟は子供の頃体も小さくて偏食で、、、というのもあったのだけれど、
逆にわたしが文句言わずになんでも食べるのもあって、
弟が出てってから本当に質素な食事になった、、、

後片付けが進まないからお姉ちゃんのこと部屋に連れてって相手してあげて!と言われたり、
弟の部屋に居座って中身のないくだらない話をしたり、
本当に弟が実家に住んでいるころみたいだった。


「弟がひとり居るだけで家の中がこんなに明るい!」
「弟が出て行ってからお姉ちゃん怒ってばっかりで~」
みたいなことを言われて
そういえば、わたしなかなかぞんざいな扱いされてたなあ(苦笑)

とか思い出しました。



弟が出て行ってから母親と猫が弟の部屋に住み着いているので、
この日は母親と弟は同じ部屋に寝てました。

わたし的にこれはなかなかアリだったと思う。

*1:Suicaは対応しとらんのじゃ!