読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの半分と、もう半分③

    
1月16日
母方の祖父のお葬式に行ってきました。


午前9時に家を出て、両親と弟とわたしの4人で高速を使い葬儀会場へ。

父親の運転する車に家族4人で乗って出かける、なんて小学校ぶりじゃないか。
今は父親の実家に住んでるけど、子供の頃は核家族で4人で県北に住んでて、
去年青森からバスに乗ったときその頃のこと思い出して
もう家族で出掛けることはないのかな、、、と思ってた。

天気が良い冬の雪道を、AMラジオをかけて、
父親の道路の話*1とか標識の仕組みの話を聞いたり、
くだらない話をしながら家族4人で車で走る、本当に子供の頃を思い出した。


昔はスキー行ったりしてたよね~
スキー行って温泉行って月曜風邪ひいて学校休む奴~wwwww
弟がウルトラマンの人形スキー場に忘れてお父さんわざわざ取りに行ったよね~
皇太子さまも食べたという花輪のりんごラーメン激マズだったね!アッポー麺~(ピコ太郎ふう)


大体こんな会話(ひどい)


弟が帰って来て、家族4人で車で葬式に行くって決まってから、
わたしの頭の中には高速道路で車が ぽーん、と飛び出して
家族全員交通事故で死んじゃう様子が浮かんでて、、、
内心、電車で行った方が良くない??と思っていました。





途中のインターチェンジ除雪車が乗り込んでくるのが見えました。
雪の降らない地方の方に説明すると、除雪車は道路を除雪するための作業車です。

除雪しながら融雪用の塩を撒いて道路が凍結しないようにするの!
そういえば311のとき津波で道路に撒く塩が流されてしまって
物資を運んだり救助に向かう車が危なくて通れない、
とのことで父親の会社に連絡が来て手配したらしい。
熊本地震のときも、緊急車両が通るための交通整理をするための備品が足りない、なんて話あったよね。

話がそれたけど除雪車は作業してるから高速でも徐行運転なのよ。。。
追い越し禁止だしあれの後ろに着くと遅くなっちゃうね~なんて会話をしていました。





f:id:guildictator:20170121041217j:plain:w480
サービスエリアのつららがかっこよくてパチリ。


サービスエリアで休憩を挟んでいたら除雪車に追い越されてしまいました。
「しまった~!越されたぁ~!」



除雪車の後ろをのろのろ走っていると左後ろのタイヤから異音が、、、
なんか引っかかったかなあ??と思ったけどいくら走っても直らない。

わたしの乗っている箇所のタイヤだったのですが異音だけじゃなくて
お尻に振動がガタガタ伝わってきた。。。


停止することも出来ないししばらく走ってなんとかパーキングエリアまで辿り着き、
車を降りてみると、、、タイヤがパンクしていました。
マンガみたいに空気が抜けてブサブサ、、、こんな状態初めて見たわ

わたしは車詳しくないけど、冬とか高速ってあんまりパンクしないんだってね。
なぜか誰も、こんな時にパンクだなんて間に合わないじゃないか!って怒らなくて冷静だったな。


しょうがないのでJAFを呼ぶことに。
母親は10年以上JAFに入ってるけど1回も呼んだことないから
去年で辞めようかと思ってたけど一応~と思って会費を払ったところだったとのこと!
辞めなくてよかったな!!
天気が良かったのが幸い、1時間弱くらいで駆けつけてくれました。
吹雪だったらフル稼働で来なかっただろうな。


この日は火葬のあとにすぐ葬式、の予定だったのですが
火葬に間に合うかビミョーな感じ、、、
JAFの車には2人しか乗れなかったので、母親と弟を乗せて行って先に向かわせることに。
実の娘である母親と、都会から駆け付けた弟にはなんとしても最後に祖父に会わせてあげたくて、、、
JAFが連れて行ってくれるのは葬式の会場じゃなくて車の修理屋さんなんだけどね(苦笑)


足がないわたしと父親は、たまたまこの近くで仕事をしていた
父親の職場の方と連絡が取れて送ってもらえることに!

父親って人望あるなあ。。。
祖母の葬式の時も父親の会社の方たち良い人ばっかりだなぁと思ったし、
わたしはこういう人間関係は気付けてないなぁ、と悲しくなった(苦笑)


本当にこういうとき男の人が居てくれるって精神的に頼もしいよね。
2-2で分かれても心細くなかったし、
父親と弟、どっちも居てくれてよかった。
わたしと母親だけだったら絶対パニクってテンパってた。。。





f:id:guildictator:20170121041257j:plain:w480

サービスエリアじゃなくてパーキングエリアだからトイレしかなくて、
外で何にもすることなくて待ちぼうけだったからこの歳で父親と雪遊びしてた、、、
ますます子供の頃思い出した。。。
本当に天気良くて良かった、吹雪だったら外で何時間も待たされて心折れてたと思う(苦笑)

父親の職場の方はすぐに来てくれて、
わたしと父親が修理屋さんまで送ってもらったと同時にタイヤ交換が完了!
すごいタイミング!
無事合流して4人で葬儀会場を目指しました。




しかし今回の件、パンクしたのが後輪だったこと、
除雪車の後ろを走っていて高速でもスピードを出していなかったこと、が本当に幸運だったようで。


わたし車詳しくないけど、
パンクしたのが前輪だったらハンドルを取られ、
普通にスピードを出していたらタイヤが外れて、

わたしたち全員事故で死んでいたでしょう。

だって。




前の日から事故で死んじゃうの浮かんでたからゾッとした、、、

母親がJAFを退会していたり、吹雪でJAFが来なかったり、
父親の職場の人が近くで仕事をしていなかったら、、、


というのもあるし、、

しかもJAFの方が連れて行ってくれた修理屋さんが、
降りる予定のなかったインターチェンジ
母方の祖母が入院している病院の近くっていう。


母方の祖父母がわたしたちの命を守ってくれたとしか思えない。




結局火葬には間に合わなかったけど、
わたしたち家族は祖父の人徳で命を助けられました。
祖父は亡くなってからも周りのことを想ってくれていたんだ。

JAFの方も父親の職場の方も親切で、ちょっとしたことですぐ嫌い!とか、
嫌われた!とつっぱねて心を閉ざしてしまうわたしに対して
亡くなった祖父が「人間ってそんなに悪いもんじゃないよ」と言っている感じがしました。

「どんな困難も家族と一緒だったら乗り越えられる!」ということを教えられた感じがして、
今回の件は1度バラバラになってしまったわたしたち家族には必要な経験だったんだ、と思います。



わたしたち家族はダメになんてなってなかった。
じいちゃん、最後にわたしたちをまた家族のかたちにしてくれてありがとう。

*1:おかげさまで女だけどこのテの話に耐性ある